【あなたはどっち?】壁を越えられる人・越えられない人の特徴

ゴルフ

こんにちは、メンタルコーチの大迫です。

先日ゴルフ場研修生の方から

相談を頂きました。

”練習量はしっかり確保していて

練ランではアンダーが出ているのに

試合になると結果が出ません”

アスリートなら誰しも

なかなか結果が出ない時期は

あるかと思います。

そこを乗り越えられる選手、

そこで終わってしまう選手、

両者にはほんの僅かですが

結果に繋がる大きな違いがあります。

今回は

”目標達成に向けて行き詰まる人の特徴”

についてお話しします。


メンタルコーチ 大迫 慎太郎

スポーツメンタルコーチングAthLead.(アスリード)代表

MCS-JAPAN認定メンタルコーチ

JPDAドラコンプロ

大学硬式野球部出身

ゴルフ、野球、ビジネスのメンタルコーチとして

アスリート、アスリートを支える指導者、ご家族の方、ビジネスパーソンをサポート中

2019年にアメリカ ロサンゼルスでゴルフの修行、帰国後は選手としても活動中

ベストスコア68

公式インスタグラム


どれだけ練習量を増やしても

結果がでない選手は

もちろんいます。

そんな選手を見ていて感じるのは、

目標設定が曖昧、

抽象的な人が多い

ということです。

”プロになりたい”

”〜の試合に出たい”

“◯勝したい”

”シード選手になりたい”

etc…

素晴らしい目標を

持っている人はたくさんいますが、

ヒアリングしていると

このあたりまでしか

アウトプットできない人が意外と多いです。

ではお聞きします。

あなたはその目標に対して、

・いつまでに達成したいですか?

・どんなプレースタイルで

 勝負していきたいですか?

・今の自分に何があれば

 目標に近づきますか?

目標を達成した先に

 何を見ていますか?

皆さんはこれらの質問に

答えられますか?

答えに詰まるのであれば

再度自身の目標を

設定し直してみましょう。

メンタルコーチとしては

この”正しい目標設定”を

何よりも大切にしてもらいたいです。

言わずもがな練習は必要です。

しかし”目標が達成できない=練習不足”

という考え方は非常に危険です。

例えば、

大舞台でプレーしたい目標があるのであれば、

その舞台で戦う選手に相応しい

取り組み方はどんなものか。

練習量だけで解決しますか?

ツアーで戦いたいのであれば

4日間パフォーマンスを

キープできるフィジカルはありますか?

大勢のギャラリーテレビ中継等、

普段と違う環境下でプレーしても

独特な空気感に飲まれない

メンタリティは持っていますか?

どんな選手にも”ピーク”はあります。

そのステージに上がってから取り組んでも

”ピークの時期を逃す”

ということはよくあります。

それが”本気の目標”であるならば

スピード感を持って行動されることを

お勧めします。

冒頭の

”練ランでは良いけど本番になるとダメ”

というのは、

下手だから結果が出ないのではありません。

その舞台で戦うための取り組みが

できていないだけなのです。

特に練習でできるのであれば

技量が足りないということは

絶対にありません。

改めて自分自身と

向き合ってみてください。

何か変化が必要と感じるのであれば、

プロのメンタルコーチとして

僕も喜んで協力させて頂きます。

お気軽にご相談ください。

それではまた。

コメント

タイトルとURLをコピーしました