【必見】メントレが必要な人

ゴルフ

こんにちは、メンタルコーチの大迫です。

最近、選手だけでなく指導者や

学生選手のご家族の方とお話しする中で

よく聞かれることがあります。

”メンタルトレーニングを

導入する必要のある人ってどんな人ですか?”

今回はメンタルコーチとして

”メンタルトレーニングを導入してほしい人”

についてお話しします。


メンタルコーチ 大迫 慎太郎

スポーツメンタルコーチングAthLead.(アスリード)代表

MCS-JAPAN認定メンタルコーチ

JPDAドラコンプロ

大学硬式野球部出身

ゴルフ、野球、ビジネスのメンタルコーチとして

アスリート、アスリートを支える指導者、ご家族の方、ビジネスパーソンをサポート中

2019年にアメリカ ロサンゼルスでゴルフの修行、帰国後は選手としても活動中

ベストスコア68

公式インスタグラム


結論から言うと、

”目標を持って競技に

取り組んでいる(これからチャレンジする)人”

であればプロアマ問わず

メンタル強化に取り組む価値は

大いにあります。

例えば飛距離を伸ばしたいゴルファーや

球速を上げたいピッチャーであれば

普段の練習に加えて

フィジカル強化に取り組むかと思います。

それと同じで

試合でのプレッシャーのかかる状況下で

ポテンシャルを100%発揮し

パフォーマンスのレベルを引き上げたければ

メンタル強化に取り組みます。

メンタルトレーニングは

”メンタルが弱い人が受けるもの”

と一般的に思われがちですが、

これは間違った認識です。

そもそも自分自身のメンタルが強いのか弱いのか、

どの部分が強みで課題はどこにあるのか、

チェックできている人がどれだけいるのかというと、

現状ではまだほとんどいないと思います。

そしてよく”メンタル”と

一括りにされがちですが、

イメージやモチベーション、

目標設定力などたくさんの要素が絡んで

いわゆる”メンタル”と呼ばれています。

あなたは現状の自分のメンタル面の

強みと課題を言えますか?

僕がメンタルコーチとして

選手と話す中でよく感じるのは、

取り組む前から

”技術がないだけ”

”下手なだけ”

と自分で問題に蓋をしてしまっている人が

多いということです。

コーチとして客観的に見ていると

技量差よりも

フィジカル面、メンタル面で

結果に差が出ていると思うことが多いです。

実際にどの競技でも、

メンタル面の重要性に気付いているのは

未だトップレベルの選手くらい

ではないでしょうか。

上位とそれ以外で差が広がるのは

ある意味当然かと思います。

誤解のないように言わせて頂きますが、

技術よりもフィジカル、メンタルが

大切ということではありません。

3つのバランスが大切だということです。

(ゴルフに関してはこれに道具も加わります)

皆さんも一度、ご自身の取り組み方を

見直してみてはいかがでしょうか。

※現在、スポーツメンタルコーチングAthLead.では

無料相談を行っています。

メンタル関連で話を聞きたい、

聞いてほしい等ございましたら

お問い合わせフォームか

公式インスタグラムのDMから

お気軽にお問い合わせください。

それではまた。

コメント

タイトルとURLをコピーしました