【自覚を持とう】報酬を得た時点でプロ

ゴルフ
日本のアスリートレベルを引き上げるために、メンタルトレーニングを普及させたい!
近年フィジカル強化が一般化したスポーツ界。一方メンタル面に関して多くの人はその重要性を認識しているにも関わらず、大多数が取り組めていないのが現状。日本のアスリートレベルを引き上げるために”メントレ”を普及させ、【全てのアスリートが当たり前にメンタル強化に取り組む時代】を作りたい!

こんにちは、メンタルコーチの大迫です。

先日ゴルフ場研修生の方と

お話しする機会があり、

こんなご質問を頂きました。

”研修生の試合では良いプレーができるのに、

同じコースでもプロの試合になると

いつも良い結果が出ません”

もしかすると似たような経験がある人も

いるかもしれません。

今回は

”プロフェッショナルとしての自覚”

についてお話しします。


メンタルコーチ 大迫 慎太郎

スポーツメンタルコーチングAthLead.(アスリード)代表

MCS-JAPAN認定メンタルコーチ

JPDAドラコンプロ

大学硬式野球部出身

ゴルフ、野球、ビジネスのメンタルコーチとして

アスリート、アスリートを支える指導者、ご家族の方、ビジネスパーソンをサポート中

2019年にアメリカ ロサンゼルスでゴルフの修行、帰国後は選手としても活動中

ベストスコア68

公式インスタグラム

日本のアスリートレベルを引き上げるために、メンタルトレーニングを普及させたい!
近年フィジカル強化が一般化したスポーツ界。一方メンタル面に関して多くの人はその重要性を認識しているにも関わらず、大多数が取り組めていないのが現状。日本のアスリートレベルを引き上げるために”メントレ”を普及させ、【全てのアスリートが当たり前にメンタル強化に取り組む時代】を作りたい!

今回のご質問は僕としては

非常に興味深かったんですが、

簡単にまとめるとこんな感じです。

同じコースでプレーして、

練習でも試合でもいいスコアが出ている。

しかし一緒にプレーする人が違うだけで

パフォーマンスに大きな差が出る。

逆に僕がさせて頂いた質問は

”レッスンはしていますか?”

というもの。

活動費を確保するために

ラウンドレッスンをしているということでした。

選手としての下積み中なので、

これも必要なことだと思います。

彼は研修生でまだプロのライセンスは

取得していませんが、

ゴルフ業界で、しかも自分の力で

価値を作り出し収入を得ています。

立場は研修生かもしれませんが、

ゴルフで稼いだ時点でプロだと思いますし、

今後僕がコーチングするとしたら

研修生ではなくプロとして接します。

これから上のステージで

活躍したいと思っているのなら

尚更そう接しますし、

ご本人も試合に臨む上で

プロとしての自覚を持ってコースに出ていく。

そのマインドで動くことができれば

プロの試合でも気負わず

他の選手と対等に勝負できないだろうか?

そういったことをお伝えしたところ、

ご本人としても閃きがあったようでした。

僕としてはこれからも

応援していきたい選手だと感じました。

今回の話はビジネスにも

通じるところかと思います。

自分と向き合い、

振る舞いを変えることでパフォーマンスが

大きく変化することは多々あります。

皆さんも一度、ご自身について

振り返ってみてはいかがでしょうか?

それではまた。

※今回の話はご本人のご了承のもと

匿名で掲載させて頂いています。

※現在次世代アスリートの育成と

アスリートレベルの向上、

メンタルトレーニングの普及を目指して

クラウドファンディングを実施しています。

メンタル面へのアプローチが増えることで

日本のアスリートレベルは

確実に今よりも向上します。

【全てのアスリートが当たり前に

メンタル強化に取り組む時代】へ、

どうか力を貸してください!

ご支援よろしくお願いします!

日本のアスリートレベルを引き上げるために、メンタルトレーニングを普及させたい!
近年フィジカル強化が一般化したスポーツ界。一方メンタル面に関して多くの人はその重要性を認識しているにも関わらず、大多数が取り組めていないのが現状。日本のアスリートレベルを引き上げるために”メントレ”を普及させ、【全てのアスリートが当たり前にメンタル強化に取り組む時代】を作りたい!

コメント

タイトルとURLをコピーしました