【個人競技】本当に個人で戦ってませんか?

ゴルフ

こんにちは、メンタルコーチの大迫です。

スポーツには大きく分けて

チーム競技と個人競技があります。

しかしプロのメンタルコーチの立場で

言わせて頂くと、

僕としては個人競技も

チームで戦ってほしいと思っています。

今回は

”個人競技をチームで戦う”

についてお話しします。


メンタルコーチ 大迫 慎太郎

スポーツメンタルコーチングAthLead.(アスリード)代表

MCS-JAPAN認定メンタルコーチ

JPDAドラコンプロ

大学硬式野球部出身

ゴルフ、野球、ビジネスのメンタルコーチとして

アスリート、アスリートを支える指導者、ご家族の方、ビジネスパーソンをサポート中

2019年にアメリカ ロサンゼルスでゴルフの修行、帰国後は選手としても活動中

ベストスコア68

公式インスタグラム


僕の記事を

チェックして頂いている皆さんは

向上心や上達志向をお持ちの方が

多いのではないかと思います。

例えばゴルフであれば

プロアマ問わずレッスンを受ける、

フィジカル•メンタルトレーニング、

身体のケア、クラブの調整など、

色々な要素が組み合わさって

競技に繋がります。

皆さんはこれらの要素について、

スイング•フィジカル•メンタルの

それぞれのコーチ、

トレーナーさん、

工房作業をして頂くクラフトマンの方と

(これに加えてプロの場合はキャディさんも)

普段からどれだけ

コミュニケーションが取れていますか?

これが”個人競技をチームで戦う”

ということです。

他の競技の方も

ぜひご自分に置き換えて

振り返ってみてください。

コーチに実戦の

フィードバックをしていますか?

せっかくレッスンやトレーニングを受けても、

受けて終わりになっていませんか?

この双方向のコミュニケーションを

取れている選手と取れていない選手とでは

成長速度に大きな差が生まれます。

全ての関係者と

コミュニケーションを取り続けることは

難しいかもしれませんが、

上のステージにいる選手ほど

これをしている人が多い印象があります。

言い換えると僕としては、

上のステージで戦いたい選手ほど

この取り組みをしてほしいと思っています。

皆さんもご自身の競技の中で

周りの方との関係性は

どのようなものか

一度振り返ってみてはいかがでしょうか。

また今回のテーマに関連して

改めて近々発表させて頂きますが、

僕自身がプロのメンタルコーチとして

本気で夢を叶えたいアスリートのパートナーになり、

”チーム〇〇(選手)”として

目標達成に向けてサポートさせて頂く企画を

準備しています。

ご興味をお持ちの方がいらっしゃれば

お気軽にお問い合わせ頂ければと思います。

お問い合わせ

インスタグラム(DMにご連絡ください)

それではまた。

コメント

タイトルとURLをコピーしました