【言葉がもたらす力】〇〇を止めてみよう!

ゴルフ

こんにちは、メンタルコーチの大迫です。

僕は職業柄人と話す時、

相手の言葉選びに

注目することがあります。

順調に階段を登っている人、

逆に伸び悩んでいる人、

それぞれこの言葉選びに

違いを感じることが多いです。

今回は

”言葉がもたらす力”

についてお話しします。


メンタルコーチ 大迫 慎太郎

スポーツメンタルコーチングAthLead.(アスリード)代表

MCS-JAPAN認定メンタルコーチ

JPDAドラコンプロ

大学硬式野球部出身

ゴルフ、野球、ビジネスのメンタルコーチとして

アスリート、アスリートを支える指導者、ご家族の方、ビジネスパーソンをサポート中

2019年にアメリカ ロサンゼルスでゴルフの修行、帰国後は選手としても活動中

ベストスコア68

公式インスタグラム


ありがたいことに僕は最近、

ゴルフ関係の方から

相談を頂くことが多々あります。

以前あるゴルファーの方から

ご相談頂き話していた時に

気になったことがありました。

それが”ネガティブワード”の多さです。

”下手くそ”

”練習が足りない”

”自分が嫌いになりそう”

停滞期で何をしても結果が出ず

ネガティブ思考が止まらない。

そんな状態だったそうです。

お話を聞かせて頂くと

ゴルフ場に所属していた当時の

研修生時代の自分を見ているようで

気持ちがすごくわかりました。

結果が出ない期間が長くなるほど

ネガティブ思考に支配されがちです。

しかし必ずしも

ネガティブ思考=悪

ということではありません。

思考をすぐに変えるのは非常に難しいことです。

ある程度時間がかかります。

どちらかというと今できることは

ネガティブ思考な自分を受け入れた上で

”ネガティブワード”を口にするのを止めることです。

一つ付け加えるとしたら、

浮かんできたネガティブワードを

ポジティブワードに変換して

口に出してみましょう。

これは意識するだけで誰でもできます。

良くも悪くも言葉を発することで脳は騙され、

身体は脳の状態に相応しい動きをしようとします。

言葉は感情を作ります。

皆さんも一度取り組んでみてください。

それではまた。

コメント

タイトルとURLをコピーしました