【何をしても上手くいかない時】停滞期を抜け出すには

ゴルフ

こんにちは、メンタルコーチの大迫です。

アスリートの皆さんは日々

練習やトレーニングに

取り組まれていることと思います。

レベルアップのためには

地道にコツコツ階段を

登るしかありませんよね。

その中で上達を目指す人であれば

誰もが通る停滞期。

地味な作業が続くほど

停滞感を感じることは増えます。

今回は

”停滞感を感じた時に取り組むこと”

についてお話しします。


メンタルコーチ 大迫 慎太郎

スポーツメンタルコーチングAthLead.(アスリード)代表

MCS-JAPAN認定メンタルコーチ

JPDAドラコンプロ

大学硬式野球部出身

ゴルフ、野球、ビジネスのメンタルコーチとして

アスリート、アスリートを支える指導者、ご家族の方、ビジネスパーソンをサポート中

2019年にアメリカ ロサンゼルスでゴルフの修行、帰国後は選手としても活動中

ベストスコア68

公式インスタグラム


今回は過去の自分の

経験も含めた話になりますが、

停滞期を抜け出せない人の多くは

目標や将来自分がなりたい姿、

目標を達成した先にどうなっていたいのか、

この部分が定まっていないことが多いです。

決まっていたとしても

それをアウトプットした時に

抽象的な表現になっていることが

非常に多いです。

一度振り返ってみてください。

ただただ試合に勝ちたい、

良い成績を残したい

と思っていませんか?

その目標を持っているのは

素晴らしいことですが、

もう少し踏み込んで考えてみましょう。

どんなプレースタイルで、

どんなプレーをして勝ちたいですか?

チャンスの場面、ピンチの場面で

それぞれどのような

振る舞い、対処をしていますか?

試合に勝ったあなたは

誰とどんな景色を見ていますか?

そして目標を叶えた将来のあなたは

今のあなたに対して

どんなアドバイスをくれますか?

今のまま続けるべきと言うのか、

取り組みを変えるべきと言うのか、

それともまた他の意見をくれるのか、

どうでしょうか?

時間は有限です。

現役の時間が限られている

アスリートにとって、

特に時間は貴重です。

ご縁があり僕のこの記事を

チェックして頂いている人、

停滞感を感じている人には

今一度本気で自分自身と

向き合って頂きたく思います。

どこかに停滞期を抜け出すヒントが

見つかるはずです。

ちなみに僕にとっての停滞期は

ゴルフ場研修生時代でした。

毎日練習していても

レベルアップしている実感が持てず、

何のために練習しているのか

完全に自分を見失っていました。

そんな中ご縁があり、

後に僕の師匠となるコーチと出会い、

相談しているうちに

背中を押してくれる人も増え、

自分に投資をしアメリカに

修行に行くという決断ができました。

当時はまだぼんやりとでしたが、

今思い返せばあの時、

将来のビジョン、目標を叶えた自分が

”今が人生のターニングポイント、

絶対に動くべき”

とアドバイスしてくれた気がします。

しかしそんな僕も

まだ目標を叶えたわけではありません。

道半ばです。

でも”あの時”の決断が

プラスに働いたことは確かで、

それまで感じていた停滞感から

抜け出すことができました。

その続きの話を

これからの活動で

示していけたらと思います。

話は逸れましたが、

今回のこの記事が

見て頂いた人にとって

何かヒントになれば嬉しく思います。

それではまた。

コメント

タイトルとURLをコピーしました